1. 広島県竹原市(ひろしまけんたけはらし)
EN CN
広島県竹原市
たけはら町並み保存地区(重要伝統的建造物群保存地区)

広島県 竹原市 ひろしまけん たけはらし

古くから港町として栄えてきた情緒漂う町並みや大久野島がある竹原市。吟醸酒発祥の地と言われるこの地域の地酒やアヲハタジャムなど、竹原の食の幸を味わってみてください。
お気に入りに追加
  • x
  • facebook
  • はてなブックマーク

重要なお知らせ

【年末・年始の取り扱いについて】
■ 令和5年12月31日までに当庁にて入金確認できたもののみ、令和5年分としての取扱いとします。

■ 上記期日までにご入金確認ができたものを令和5年分として寄附金受領証明書を発行します。
なお、12月26日以降にご入金の確認がとれたものにつきましては、年明けより順次発行し1月中旬までに郵送します。

■ ワンストップ特例をご利用される場合、令和6年1月10日までに申請書が当庁まで届くように発送ください。
マイナンバーに関する添付書類に漏れのないようご注意ください。
ダウンロードされる場合は以下よりお願いいたします。
URL:https://www.soumu.go.jp/main_content/000397109.pdf

■ お礼の品について、年内配送希望およびお届け日時の指定につきましては受けかねますのであらかじめご了承ください。
令和5年12月15日までにご入金確認ができているものにつきましては、原則年内にお届けできるよう手配をすすめさせていただきます。

竹原市のお礼の品一覧

157 (寄附金額が少ない順)

竹原市の寄附金の使い道

皆様から頂きました寄附を下記目的に沿って活用し、竹原を住みやすい、魅力あふれるまちづくりを行ってまいります。

竹原市ってどんなところ?

竹原市は、広島県のほぼ中央に位置し、瀬戸内の温暖な気候がもたらす海・山・川の豊かな自然と江戸時代から製塩業や酒造業で栄えた町並みを今に残すまちです。
国の重要伝統的建造物群保存地区に選定された町並みと瀬戸内海に浮かぶ大久野島には多くの観光客が訪れます。
竹原市では元気と笑顔が織り成す「暮らし誇らし、竹原市」をテーマに活力あるまちづくりを推進していますので、皆さまの応援をどうぞよろしくお願いいたします。

竹原市ってどんなところ?拡大画像
  • たけはら町並み保存地区(重要伝統的建造物群保存地区)
  • 江戸から昭和初期の趣が今に残る風情ある町並み
  • たくさんのうさぎが暮らす大久野島
  • 中尾醸造・竹鶴酒造・藤井酒造の逸品
  • 純米吟醸たけはら焼き
  • 伝統工芸の竹細工
  • 町並み保存地区全体が夜のアートになる「たけはら憧憬の路」
  • たけはら町並み保存地区(重要伝統的建造物群保存地区)
  • 江戸から昭和初期の趣が今に残る風情ある町並み
  • たくさんのうさぎが暮らす大久野島
  • 中尾醸造・竹鶴酒造・藤井酒造の逸品
  • 純米吟醸たけはら焼き
  • 伝統工芸の竹細工
  • 町並み保存地区全体が夜のアートになる「たけはら憧憬の路」
閉じる

役所・関連情報

所在地 〒725-8666 広島県竹原市中央5丁目1番35号
電話番号 0846-22-7719
補足 平日8:30-17:15(年末年始12/29-1/3)
公式サイト https://www.city.takehara.lg.jp/index.html
Facebook https://www.facebook.com/takeharacity
X https://twitter.com/takehara_city

コールセンター情報

中間事業者 レッドホースコーポレーション株式会社
電話番号 0120-977-050
備考 営業時間 9:30-17:30  土日祝日 12/29-1/3休み

ふるさと納税 まるわかり!

ふるさと納税の仕組み、手続きについて、くわしく知りたい方はこちらをご覧ください。
利用にあたっての注意点や、気になる税額控除のお話、各種Q&Aもご用意しております。ふるさと納税を利用する前に、おさえておくと安心です。

応援する自治体を探す

「もぐふる」ご利用上の注意

  • ・本サービスでは十分な注意を払ってふるさと納税に関する情報提供を行っておりますが、本サービス中に掲載される情報について、当社は、その内容の正確性、速報性、完全性、適法性、または合目的性等について、いかなる保証(明示的、黙示的を問いません)もいたしません。また、お客様や第三者に損害や不利益が発生した場合でも、当社は一切の責任を負いかねます。お客様は、情報内容に関して、ご自身の判断と責任でご利用ください。
  • ・寄附や納税に関するご質問には、本サービスではお答えできません。ご自身で各自治体や税理士等の専門家にお問い合わせください。